空港の仕事は、個人の力だけでなく多くの部門の連携で成り立っています。高い接客力、正確な進行、お客様の安全を守ること。あらゆるスキルが必要です。

KITの学び方のこだわり「実践・リアル主義」は、エアライン学科でも大切なポイント。空港研修を積極的に行い、厳しさとそれ以上のやりがいを学んだ多くの学生が夢を実現しています。

エアライン学科

心に残る旅をサポート。

専門知識とホスピタリティを学ぶ。

「キャビンアテンダント」に必要な、飛行機内での接客サービスの技能、

緊急時の保安要員としてのノウハウ。

また、空港内のあらゆる仕事を担う「グランドスタッフ」の専門知識と技術を身につけます。

エアライン学科

取得できる各種検定資格

●AXESS(国際・国内)実用検定

●サービス接遇検定準1〜3級(文部科学省後援)

●実用英語技能検定準1〜3級

●TOEIC(国際ビジネスコミュニケーション協会)

●日本赤十字社救急法救急員

●ビジネス能力検定ジョブパス(文部科学省後援)

●秘書検定(文部科学省後援)

●ビジネス電話検定A・B級(文部科学省後援)

●Word文書処理技能認定

●Excel表計算処理技能認定

●サービス介助士2級

field

キャビンアテンダント

キャビンアテンダント

個々の乗客の要望に応えるきめ細かな接客サービスで、安全なフライトを提供します。

グランドスタッフ

グランドスタッフ

予約・発券システムの操作法、接遇マナー、英会話など、あらゆるケースに対応します。

グランドスタッフ

グランドハンドリング

空港ビジネス全般を学び、ハンドリングスタッフやマーシャラーをめざします。

グランドスタッフ

エアカーゴスタッフ

航空便などの貨物を行き先ごとに仕分け、フォークリフトを使って搭載します。

curriculum

Beauty・センスアップスタディ

ビジネスシーンでのメイクやヘアは、印象、身だしなみとして大事です。ナチュラルメイク、清潔感のあるヘアアレンジなどの技術を修得します。

英会話

空港は、世界中の人々が利用します。世界共通語である英語は必須言語です。活きた英語を身につけます。

航空業界基礎

業界で働くために不可欠な、航空業界における法律や運航、設備等について学びます。

中国語

アジアのマーケットで大きな影響がある中国。中国語は、国内で特に需要が高く必要とされています。

■AXESS

■Beauty・センスアップスタディⅠ・Ⅱ

■アナウンス基礎Ⅰ・Ⅱ

■コミュニケーションスキルⅠ・Ⅱ

■キャビンアテンダント業務Ⅰ・Ⅱ

■機内サービスシミュレーションⅠ・Ⅱ

■航空業界基礎Ⅰ・Ⅱ

■TOEICⅠ・Ⅱ(スコア600点以上をめざす)

■英検セミナーⅠ・Ⅱ

■英会話Ⅰ・Ⅱ

■選択語学(中国語・韓国語・フランス語)

■(選択)海外旅行実務Ⅰ・Ⅱ

■(選択)旅客ハンドリング業務Ⅰ・Ⅱ

■救急法Ⅰ・Ⅱ

■(選択)フィットネスⅠ・Ⅱ

■観光英語

■サービス介助士

■Word/Excel

■一般教養/SPI

■サービス接遇

■ビジネス電話B級

■受験対策

■リクルートセミナー

■ゼミナール

■ビジネス能力

※教育効果を考慮して内容が一部変更となる場合があります。

しっかり自己分析を行い、自分の言葉で答えることが大切。

【内定】

日本トランスオーシャン航空株式会社 キャビンアテンダント

出身の奄美大島へ貢献したいという気持ちが強く、幼い頃から親しみを感じていた沖縄の航空会社を志望。ホームページを見て、拠点となる沖縄を大切にしていて、地域活性にも力を入れているところに魅力を感じました。書類審査、一次・二次・最終面接を経て内定をいただきました。第一志望の会社だったので嬉しい気持ちでいっぱいです。学力はもちろん、何より大切なのは自己分析だと思います。どんな質問にも自分の言葉で答えられるよう、自分の性格を知ることが大切です。面接は和やかな雰囲気や圧迫されるような緊張感もあるので、どちらにも対応できるようになることが大切です。

体験入学
プレスクール
AO入学
資料請求