学科・コース

韓国語学科


九州観光専門学校だからできること


ポイント1


韓国語留学最大3回可能

長期留学前に安心の現地研修を行います。初めての海外体験でもクラスメイトと一緒だから安心です。九州では最長の長期(3ヶ月)・短期(1ヶ月)の韓国留学を全員が経験できるチャンス!


ポイント2


ビジネススキルが身につくカリキュラム

大学や語学学校と違い最終的に就職を目指すカリキュラム構成をしています。各学科と連携しているので幅広く韓国語を活かした就職窓口があります。


ポイント3


語学堂と専門学校の違い


語学堂は、各大学付属の語学専門施設で韓国語を学ぶことができます。しかし、語学堂を卒業(修了)をしても日本の学歴は付きません。よって、高校を卒業したばかりで語学堂に入学し、卒業(修了)した方は日本での最終学歴は「高等学校卒業」となります。本校の場合は、認可校の専門学校なので卒業と同時に専門士(2年制短大と同等の学歴)の資格がもらえます。「最終学歴」は将来、自分がなりたい仕事や就職後の給与額にも差がでてくる場合があります。将来、どんな就職活動をするかの重要なポイントとなります。


目指せる職業!

  • インフォメーションスタッフ
  • ホテルフロントスタッフ
  • 免税店スタッフ
  • 留学アドバイザー・カウンセラー
  • コンシェルジュ
  • 旅行カウンタースタッフ
  • ツアーコンダクター
  • 船のパーサー
  • カウンタースタッフ
  • コスメ店ショップスタッフ
  • キャビンアテンダント
  • グランドスタッフ
  • 韓国語講師

役立つ資格が取得できる!

  • 韓国語能力試験(TOPIK)
  • ハングル能力検定
  • TOEIC® Listening & Reading Test
  • 秘書技能検定
  • マナー・プロトコール検定
  • ホテル実務技能認定試験
  • 手話技能検定


多彩な実践授業で即戦力になれる3専攻


韓国語コース


韓国語を中心に、文化習慣を学び、語学を活かした接客サービス業への就職を目指します。



 


韓国留学コース


韓国語を学びながら、短期・長期の韓国留学を経験し就職の幅を広げます。



 


韓国大学編入コース


2年間の本校での学びで韓国語のスキルを上げた後、 Adachi学園が提携している韓国の著名大学への編入を目指すコースです。



 


韓国語・韓国語留学・韓国大学編入の3コース

大学編入コース、ソウル

大学編入コース、釜山



Adachi 学園では、真のグローバル人材として日本のみならず世界で活躍できる人材を育成するために、Adachi 学園在学中に語学スキルを上げる目的のほか、自身の成長の幅を実感できるようなコースや留学プログラム、教育イベントを多数ご用意しています。

  • 01.留学プログラム

2021 年4 月現在、Adachi 学園では、韓国・中国の大学20 校と協定を結び、また、アメリカカリフォルニア州アーバインにてCampus
English Academy(CEA)を開校するなど、語学力向上を目指す学生に環境や研修を提供しています。




  • 02.韓国大学編入

Adachi 学園で取得した単位を協定である韓国の大学の科目に認定し、4 年制大学への3 年次編入を実現。海外大学の卒業資格を取得することも可能にしています。
編入実績
■慶煕大学校(韓国/ ソウル)6 名 ■西江大学校(韓国/ ソウル)2 名 ■釜慶大学校(韓国/ プサン)2 名、、、等(一部紹介)



  • 03.Adachi学園オリジナルイベント-韓国語スピーチコンテスト-

東京・名古屋・大阪・九州の姉妹校が集まり、ハイレベルなスピーチを競う全国大会です。将来の仕事で語学を使えるようになるには、実際に話す・伝えるという学びが重要です。語学スクールにはない「本物の仕事」に関わるイベントを年間通して行います。今年は九州校が優勝&3位入賞!




TOPIKとは?
TOPIKとは、日本の文部科学省に相当する大韓民国政府・教育省が認定・実施する公的資格です。韓国留学や韓国国内での就職、永住権の取得などをする際に語学力の証明として使うことができます。




FAシステムについて


他の分野の授業も受けられるFAシステム!幅広い分野のスキルアップができ就職の幅も広がります。
いろんな分野を学びたい!という方は、下の画像をタップして詳細をチェックしてみてね▽▽▽



本校学費について

1年次学費(納入時期/合格通知後指定日までに納入)


入学金
  (入学時のみ)
設備費 
(年間)
授業料
 (前期)
校友会費
団体保険料
授業料 
(後期)
1年次
 学費合計
 ¥100,000 ¥239,000 ¥330,000 ¥12,000 ¥330,000 ¥1,011,000

2年次学費(2022年2月上旬納入)


設備費 (年間) 授業料 (前期) 団体保険料 授業料 (後期) 2年次学費合計
¥239,000 ¥330,000 ¥2,000 ¥330,000 ¥901,000

1・2年次学費合計      ¥1,912,000

学費納入規定

  1. 学費は、1年分一括納入を原則としていますが、「授業料」のみ『前期(4月~9月)』『後期(10月~3月)』の2期に分けて納入することも可能です。
  2. 指定する期日までに無届けで学費が納入されない時は、入学を辞退したものとみなす場合があります。(延納・分納可。要相談。)
  3. 2022年3月31日までに入学を辞退した場合は、受験料、入学金及び事務手数料を除き返還します。

教科書・教材費について

授業で使用する教科書・教材費、研修・検定受験料は学科・専攻・選択科目により異なります。詳細は3月頃にお知らせします。

高等学校修学支援新制度について