学科・コース

エアライン学科

エアライン学科

キャビンアテンダントになるには。

キャビンアテンダントの仕事とは?

飛行機の中で、乗客の安全と快適なフライトを提供


キャビンアテンダントの仕事とは?

キャビンアテンダントは、「CA」「キャビンクルー」「客室乗務員」とも呼ばれ、主に飛行機の機内で乗客に向けた案内をしたり、飲食の提供など各種サービスを行います
ドリンクやフードのサービスをはじめとした接客にスポットがあてられることが多いですが、飛行機が離陸する前に乗客に対してシートベルトの締め方や非常口の場所、酸素マスクの使い方などについての説明を実施したり、全ての乗客が着席しているかを確認したり、安全保安を担う保安要因としての役割が第一。
他にも飛行機内の安全を確保するために、定期的に機内を見回って異常がないかの確認や、飛行中に具合が悪くなった乗客のケア、万が一緊急事態が発生した場合には、緊急着陸時のサポートや、乗客の避難誘導など迅速に適切な対応を行います。
常に立って何時間も接客したり、お客様の荷物を頭上の収納棚に入れるなど、体力面でもハードな仕事ですが、お客様の前では常に笑顔で接客を行う、接客サービスのプロです。


 


キャビンアテンダントの年収はどのくらい?

キャビンアテンダントの平均年収は450万円程。(厚生労働省提供 職業情報提供サイト「job tag」調べ)
所属する空港の地域や航空会社の規模により給与が変わる他、国際線や深夜便などの担当となった場合は別途手当がつく会社もあります。
また管理職としてチームのマネジメントを任される立場になったり、後輩の教育に関わるなど活躍の場が広がると、さらに高い年収が期待できます。


 


キャビンアテンダントになるには?


身長制限ってあるの?

キャビンアテンダントを目指す際によく聞くのが「身長制限」。身長が高くないと採用されない・・・なんて思っている人もいると思いますが、実は募集条件に身長が記載されていることは日系企業ではありません。むしろ地方都市を運行する航路の場合、小型飛行機で飛行することが多く、国際線で使われているような飛行機よりも機内は狭く天井も低いので、高身長だと逆に動きにくい、なんてことも。平均身長より低くても、キャビンアテンドになることはできます。

それよりも語学力や接客スキルが重要。


キャビンアテンダントを目指す上で重要となるのが語学力や接客スキルなど。
語学力、特に英語は募集条件に設定されていることも多く、国内線のみ運行している航空会社でも例外ではありません。
また接客スキルや航空業界に関する知識は就職後の訓練などで身につけることもできますが、事前に習得していれば採用時に有利になることもあります。
こういった語学力や接客スキルを身につけるため、語学系の大学やエアライン学科などを有する専門学校で学ぶことが重要となります。
特に専門学校は、キャビンアテンダントになるために必要な実践的スキルを短期間(主に2年間)で集中して学ぶことができます。授業は実務に直結した内容が多く、機内サービスのノウハウを学んだり、機内で使われる英会話などを専門的に学ぶことができます。
空港での実習や航空会社へのインターンシップが行われることも専門学校のメリットです。実際の現場での経験を積む機会が豊富だったり、卒業生や企業との強いネットワークから就職活動への対策・きめ細かいサポートといった利点があります。
航空会社の採用試験では、一般常識や英語力、適性検査などの筆記試験、面接試験があり、ここで適正やコミュニケーション能力、サービス精神などが評価されます。学んできたことややる気をアピールすることが重要です。
採用後は航空会社が運営する専門の研修施設で数か月の訓練を実施。機内サービスの手順や安全管理、救命救急など、業務に必要な知識とスキルを学びます。また、グループワークやロールプレイングを通じて、実践的な対応力を身につけます。
訓練修了後は、先輩アテンダントの指導のもと、実際の乗務を経験しながらスキルを磨いていきます。


キャビンアテンダントになるには?

 


キャビンアテンダントの将来性は?

新興国市場の成長により、海外旅行へのニーズや航空需要の増加が見込まれています。新しい航空路線の開設や航空機の増加があれば、キャビンアテンダントの需要はさらに増えるでしょう。
また、キャビンアテンダントとして身につけた語学力やサービススキルは、他業界でも重宝される傾向にあり、航空業界内にとどまらず、将来の仕事の可能性を大きく広げてくれます


 


キャビンアテンダントに必要な資格は?

航空会社によってはTOEIC®や英検(実用英語技能検定)の取得が条件となっている会社があります。
他にも学生時代に以下のような資格を取得することで、語学力、サービス、保安要員としての専門性を履歴書や面接などでアピールすることができます。


  • 韓国語能力試験(TOPIK)
  • 中国語検定(HSK)
  • サービス介助士
  • サービス接遇検定
  • マナー・プロトコール検定
  • INFINI(インフィニ)検定
  • 日本赤十字社救急法救急員

 


キャビンアテンダントに向いているのはどんな人?

  • 親しみやすく、気配りができる人
  • 必要があればしっかりと注意や指導ができる人
  • 異文化に興味を持ち、語学力やコミュニケーション能力が高い人
  • 臨機応変に対応でき、ストレス耐性がある人
  • チームワークを大切にし、協調性がある人

 


キャビンアテンダントになるにはこの学科!


福岡ホスピタリティ・アカデミー エアライン学科 キャビンアテンダントコース

ホスピタリティを学んで、航空業界で活躍するプロになる

キャビンアテンダントに重要な語学力は一人ひとりの能力にあわせ、レベル別での授業を実施。さらに中国語や韓国語も学ぶことができる福岡ホスピタリティ・アカデミーのエアライン学科。大手航空会社の現場見学や羽田空港での研修イベントなど福岡や九州地方だけでなく、日本全国や外資系航空会社のキャビンアテンダントも目指すことができます。


 


キャビンアテンダントに関連する仕事


  • グランドスタッフ

  • 体験入学
  • 資料請求